あたらしい副プラスの率を考えるよ。

最近、副給料についてまず悩みます。住居は景気苦。そこで、現在位置付ける副給料について、考えてみました。それは、「youtuber」でした。おや。評価無いな・・。意外に簡単なところで、「メソッド」をうったんですよ。こいつでも。ほかの、「株」や「Fx」とかだと不安おっきい。今は「youtubeにつづく資本じゃないかとおもってます」資本とは、「定期給料」だ。でも、ゴールは不安なんだよな。youtubeについても顔出し無しと、さまざまなリスクヘッジの方法でやろっかな。現在考えているyoutubeは「小物解釈(七つ道具のみ)」「プラバージョンから作り上げる標本」「簡単なパラアニメ」ぐらい。また、広がるかもね。素材は、とにかく社会的インパクトだよな。「youtube」も「低質ウケ」でお金がっぽばっかりだからって、稚拙なことから、誰かのギャランティ出力につながらないと。「ホームページを使えてもアンチクリェ—タ—ばかり増えても仕方ない」ってね。そんなとこか。視力回復 自宅